ページトップへ

マックスバリュ社店・東条店でフードドライブを実施します

更新日:令和4年5月13日

 

 加東市社会福祉協議会、加東市、マックスバリュ西日本株式会社の協働により、市内マックスバリュ店頭にて、フードドライブの食品回収を行います。

 フードドライブとは、家庭で使いきれない食品を集め、食料支援を必要とする家庭に配布したり、福祉団体へ寄付したりする活動です。 市内では、加東市社会福祉協議会で実施されており、新型コロナウイルスの影響など、様々な事情で支援を必要とされる家庭に食品が届けられ、たくさんの「ありがとう」の声が届いています。

 日本では、年間約570万トンの食品ロスが発生しており、国民1人あたりに換算すると、1日約130g(お茶碗1杯分)、1年で約47kgの、まだ食べられる食品が捨てられています。

 フードドライブにご協力いただき、「もったいない」を「ありがとう」に変えてみませんか。

 当日、受付ボランティアとしてご協力いただける方も募集しています!ご参加いただける方は、加東市社会福祉協議会・社支部(☏0795-42-2006)へご連絡ください。

 

実施場所・日程 

マックスバリュ社店 (加東市梶原333-1) 

  令和4年6月18日(土)、19日(日) 10時~12時

マックスバリュ東条店 (加東市掎鹿谷323) 

  令和4年6月25日(土)、26日(日) 10時~12時

 

お持ちいただける食品  

  米(古米も可)・野菜・麺・缶詰・レトルト食品・インスタント食品・調味料・お菓子・粉ミルク・離乳食などで、下記のすべてに当てはまるもの

・賞味期限が1か月以上残っていること(米・野菜・砂糖・塩は除く)

・未開封であること(米・野菜は除く)

・常温保存が可能なこと

 

 フードドライブのチラシ(マックスバリュ店頭実施)

 フードドライブってなぁに?(事業の概要説明)